クイーンズ・タウン

バンジー発祥の地クイーンズタウンで高さ134mのネビスバンジーに挑む!

クイーンズタウンと言ったら「Fergberger」。世界でも有名なあのハンバーガー店ですよね!!!バーガーがでかく、そして美味しく、お買い得。「Fergberger」のお店の混み様でクイーンズタウンにどれだけクイーンズタウンに人が来ているのかが分かるっと言われる位な程です。

2014-06-05-bungee02

って話が違いますね^_^もちろん「ファーグバーガー」はとても美味しいのですが。。

クイーンズタウンと言えば「バンジー」!バンジー発祥の地として有名です。1988年にAJ Hackettさんがカワラウ橋で初めてバンジージャンプをした場所であるようです。この川に飛び込む43メートルの「カワラウバンジー」は今でもとても人気があり私が今回挑戦する「ネビスバンジー」よりも体験する人は多いです。橋から身を投げ出して下の川の中に一瞬ジャボンっと入ってまた川の中から出てこられるようです。 ただ高さ重視のネビスとまた違う体験が出来そうですね。 ^_^ またゴンドラで上がっていったスカイラインでも「Ledge bungy」というフリースタイルで飛べる高さ47メートルのバンジーがあります。下の動画でさまざまなジャンプのやり方をご覧になられます。

私はバンジーを今まで経験した事無かったのでどうせやるのなら歴史のある「カワラウバンジー」ではなくもっと高さで有名なネビスだろ!っと思いネビスに決めました。 前日挑戦したスカイダイビングはあまり緊張感なかったのですがバンジーは昨夜からつい考えてしまいドキドキ。。まるで中学受験に望む前日のような感覚でした。(笑)ネビスバンジーは高さ134メートルと南半球で現在一番高さのあるバンジーであり、世界ではトップ15の高さに入るバンジーとして知られています。

2014-06-05-bungee01

shotoverストリートにあるショップでいざチェックイン!バスが来るまでお店の中でバンジーのビデオがプロジェクターで映されているのでそれを見つつくつろぐ事が出来ます。15人位の人達が待機しているので、みんなたくさんの方達が挑戦するのだなと感心!そしてみなに勇気を頂きました。(^_^)v

バスに乗り込むと親切なドライバーさんが「後ろに座ったほうが途中色々綺麗な景色見えるよ!せっかく高いお金出してるんだから、君達に楽しんでもらわないとね。」っととても親切でサービスがいいですね(^^) ネビスまでは40分ほど、そして20分の所に元祖「カワラウバンジー」があるんだと、なるほど!全員がネビスバンジーやるのではないのか。。

カワラウバンジー

2014-06-05-bungee03

20分程してカワラウバンジーに着きここでなんと大半が降りてしまい残ったのは私を含め4人。残った者達顔を合わせ苦笑い。。さすが人気の元祖バンジー!!それとも高さで名のあるネビスバンジーへの挑戦は無謀なのか。。

ゴツゴツ岩がしている所を抜けていってネビスへ向かいます。

2014-06-05-bungee04

ネビスバンジーへ着くとロッカーへ荷物を詰めハーネスを早速着けます。 とにかくペースが早い。。 そうといううちにケーブルカーに乗らされ渓谷の真ん中にあるバンジー飛び降り地点へ。。遂にこの時が来てしまったねとみなと話す。一人の女性は彼氏を見届けるみたいなので結局飛び降りるのは3人! ウィー キャン ドゥー ディス!

2014-06-05-bungee05


実は私、高所があまり好きではなく飛行機に乗るのもあまり好きではないんです。家族がそれを一番知っていると思いますが、今回その高所恐怖心を負かしてやろうとネビスに挑みに来ました。

飛び降り地点(プラットフォーム)に到着するなりスティーブさんが呼ばれバンジーをするための最終装備が始まります。。体重の重い順にバンジーらしい。床にはガラス張りの部分もあり他の人達もガラスを通してバンジーして落ちていく姿を見る事が出来る。。 なお、バンジーされたくない方も50ドル払ってこのプラットフォームに来て見物する事が可能で、バンジーをしたくなかったらお金は後払いで出来るそうです。

そして2、3分が経ってカウントダウンが聞こえる3,2,1。。ジャンプ!えっ?「次、ダイスケ!」(*_*;早!!! そして私も最終装備チェックが行われる。刻々と近づく運命のバンジージャンプ。。

2014-06-05-bungee06

前日、実はこの瞬間を想像していて足がガクガクして飛べないのでは?っと思ってしまう事もあったんです。w 最終装備チェックも終わり、ロープなど色々装備された足そして体を動かし1メートル離れたジャンプ地点まで運びます。 この時ずっこけそうになり冷や汗^_^;でも驚いた事に緊張はすごくしていたが足はガクガクではなかった。

飛ぶ前に下を見るな見るなっとだけ考えていたのだが、一応飛び込む場所、そしてどのくらい高いのか見てみたく下をちらっと見てしまった。高い高い。。40階から落ちていくようなもんでしょ? っと考えていた時、スタッフが「はい、カメラ上だから見てー!」っとそして「3,2,1.。」カウントダウン。。 O M G。。

考える暇なく私は頭から身を投げ出し、約8秒間「オー マイ ゴッド!!」っと頭の中で叫びながら落ちて行きました。下まで一回目落ちていき、その後上にまた跳ね上がります。 そこでまた落ちていくのですが、この時の高さは43メートル以上あるそうです。 でも2回目落ちる時は全然怖くなくてただ134メートルの落下を克服した幸せと興奮で一杯でした。

2014-06-05-bungee072014-06-05-bungee08

今回初めてバンジーをやってみてやはりスカイダイビングよりバンジーの方が私にとって怖いなと思いました。自分一人で飛び降りなければならないしもしロープが切れたら?っていう恐怖感もあります。 スカイダイビングの場合は初めて一人で飛ばなければならないって時が一番怖いと思います。

ネビスバンジーを初めて挑戦する方へ

  • スタッフの説明を良く聞く事、そしてマニュアルをもらったら読む。 英語の分からない方のため様に日本語のマニュアルも用意されています。 私が一番注意したのがバンジーして2回目跳ね上がった時に左の足に付いてあったヒモを左に引っ張る事でした。 そのヒモを引っ張る事が出来ると体が逆さまの状態から足がリリースされ頭が上になりプラットフォームに戻る時に便利です。 こつがありそれを出来なくプラットフォームまで戻るまで逆さまの状態で戻ってくる人も少なくないようなので絶対にやらなくてはいけない事ではないのでそこまで心配しないでください。 ^_^
  • ネビスはクイーンズタウンの町よりも寒い事が多いそうなので時期によってはジャケットを持っていく事。 プラットフォームはまたさらに寒いです。 今の時期は冬だったので寒かったですが、アドレナリンが出てくれたおかげでそこまで寒さは感じなかった覚えがあります。
  • 下を見てしまうと恐怖が増してしまうのでなるべく前の景色を見て下を見ずに飛ぶ。
  • それか目をつぶって真っ暗の世界だけを見て飛ぶ。
  • 本当に怖くて飛べないのなら無理に自分を追いつめる事はない。

バンジーというスポーツがニュージーランドで生まれ、そのニュージーランドで一番高さのあるネビスバンジーを体験してみませんか?

私が飛んだ時のビデオをここに載せますね。 ^^

使用したカメラとアクセサリー

使用したビデオカメラはGoPro Hero3のブラックエディションです。 チェスト・ストラップを装備してカメラを付けて飛びました。スティックも持ってたのだが駄目だと断られました。。
[buy_GoPro] [buy_GoPro_mount_chest]

なお下の動画はある女性がネビスバンジーをやった時の物です。

もっと見る

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close