和食

ニュージーで梅酒作りに挑戦。(後編)

梅酒を寝かせてから、7か月~!

梅酒作りに初挑戦してから7か月程が経ちました。

7か月間ずっと寝かせておいたウォッカ、ブランデー、シャルドネワイン、そしてハチミツを使って作った自家製梅酒はどんな感じに出来上がったのでしょう?!

2017-07-15-umeshu-p2-01

ウォッカ梅酒

2017-07-15-umeshu-p2-02

ブランデー梅酒(左)・シャルドネワイン梅酒(右)

2017-07-15-umeshu-p2-03

実は3ヶ月寝かせたくらいの時期に一回全部味見をしてみまして、その時にはもう既に梅の味が分かるくらい美味しい梅酒になっていました。シャルドネワイン梅酒はアルコール度が低めで梅が腐ってしまうのが怖かったので冷蔵庫の中で寝かせていました。


あれから4か月、更に梅の味が強くなった梅酒になっているかが気になります。

2017-07-15-umeshu-p2-04

ウォッカ梅酒とブランデー梅酒は三か月前よりも更に梅の風味が増し美味しくなっていました。元のウォッカもブランデーのアルコール度は37%位だったけど出来た梅酒のアルコール度は15%~20%位かもしれません。一方、シャルドネワインを使った梅酒は遊び本意で作って見ましたがさっぱりとしていてとても美味しかったです。

前回の記事には書かなかったのですが、梅酒ばかりで子供が可哀そう^^;なので。。。梅ジュースを子供に作ってあげられるようにハチミツにも残った梅をつけてみました!アルコールを含んでいないと梅が腐りやすいと聞いたのでアップル・サイダー・ビネガーを少量入れ冷蔵庫でしばらく冬眠。

2017-07-15-umeshu-p2-05

梅ハチミツジュースは家族で楽しめています。これに炭酸水に入れるとまた旨い!

っということで。。。

今回の初めての梅酒作りは大成功!海外のニュージーランドでも自分で作れる事には嬉しいですね、梅を栽培してくれている方に感謝です。

もっと見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close